ユーザーファーストSEOは柔軟性のある専門業者への依頼がおすすめ

SEO

SEO対策をする目的を正確に持とう

SEO対策というのは「検索エンジン最適化」と訳されていますが、最近は検索エンジンにおける上位表示だけでなく、そこから生じる結果についてよりしっかり考えるようになっています。
検索エンジンの検索結果は、今はかなり個別のカスタマイズが進んでおり、上位表示されるサイトは一定の傾向はあるものの、同じキーワードを入れても利用者によって違ってきます。その人の検索履歴やサイト訪問の傾向なども反映されるようになっているからです。
そのため、検索するユーザー像を明確にし、そこに対して有益なコンテンツを提供すると共に、望まれる結果をいかにサイト訪問を通して引き出すかが大事になります。サイト訪問から望ましい結果(問い合わせや商品購入など)に向かうことをコンバージョンと言いますが、最近はこのコンバージョンを重視したSEO対策が多くなってきています。
もちろん、それでも検索ボリュームやサイトの訪問数というのはとても大事な指標であることには変わりなく、いかにユーザーに良い環境を作ってサイトの満足度を高めるかが問われています。そのため、SEO対策はコンテンツをより重視するようになりました。
SEO対策をする目的は、PVの増加や検索エンジンの上位表示ではなく、「Webサイトを通して行っていきたいこと」です。ここを明確にしておかないと、予算をかけ、PVを増やしても、結局何も残らないのです。